札幌東徳洲会病院の見学体験記北海道

投稿日:2009年08月03日

投稿者:草たろー

当院を見学先に選ん だ理由

私は麻酔救急を志望しているのですが、先輩から聞いた話や、病院説明会で耳にした情報から、札幌東徳洲会病院非常に症例数の多い病院だと知りました。
公に発表されているものによると、平成19年データで、救急車受け入れ台数約5700台、時間外外来数約26,000名とのことで、私も実際に見学に訪れてまいりました。

3日間の見学スケジュール

1日目
・朝8時~
研修医による症例カンファレンス
・9時~17時
消化器内科、救急
・夜(17時から翌8時まで)
当直
2日目
朝8時~
研修医による症例カンファレンス
9時~17時
循環器内科、救急
3日目
朝8時
研修医による症例カンファレンス
午前:外科
午後:市内の往診
※症例カンファレンスとは、昨夜当直をした研修医が経験した興味深い症例を
他の研修医・先生方に発表し、鑑別診断や治療法などを話し合うものです。

見学を終えてみて印象に残った内容

実習中は、全日、救急車のホットコールを担当している研修医についていました。
札幌東徳州会病院はベッド数に関係なく、「来たものは断らない」というコンセプトで運営されている病院だとのことです。
当直をした日は、救急搬送されてきた患者さんはまばら(数時間に1人で計6人ほど。アルコール依存症や消化管穿孔、CPRなど)でしたが、かなり重症な患者さんが搬送されてくる印象がありました。

研修医の様子について

1年目の4月から当直が始まり、それが初期研修修了まで続きます。
4月から6月まではオーベンの先生に指導を受けながら、一緒に当直をするとのことですが、7月以降は基本的に、夜間の救急部には1年目研修医と2年目研修医の2名と、看護師さんのみといった体制になります。
1年目研修医はホットコール担当、2年目研修医は救急外来と1年目研修医の教育を担当します。
札幌東徳洲会病院は、ホットコールを「断らない」と標榜しているため、コールが来たら受け入れ準備をし、内容次第で救急部の先生に来てもらっているようでした。
度胸・自信を感じさせる1年目の先生方■
研修医は、1年目の7月から、実質、救急には「自分しかいない」ことになるので、患者さんの診断・治療は自分で考えなければなりません。
そのためか私の印象では、1年目の先生方でも鑑別診断・疾患に関するマイナーな症状(教科書にはのっていないが、臨床ではよく目にするもの)などは、他の病院の研修医よりもはるかによくご存知のように感じられました。また、夜間救急外来にきた患者さんに「これから24時間以内に○○があった時にはすぐ病院へ来て下さい」などと分かりやすく説明していたり、私たち学生に対する説明も非常に丁寧で、自信の程が窺い知れました。

また、救急外来で来た患者さんを、帰すか入院させるかの判断も、1年目の研修医と2年目の研修医との話し合いで、おおよそ决めてしまいます。

以上のように、1年目での経験がものすごい量なためか、こちらの病院の2年目の先生方の態度・風貌は、既に一般病院の3年目以降の先生と同じといっても過言ではないと思います。
一方で1年目の先生を指導しながら、他方で志望科の仕事をこなしている2年目の先生方は、前述のように現場で吸収してきた知識を基に、鑑別診断に関して非常に高い知識を持っているように感じられました。

魅力的に感じたポイント

仕事はきつい様子でしたが、先生・スタッフの雰囲気が非常によく病院も新しいので、ストレスはあまり感じないのではないでしょうか。
救急に関しては目標としたい先生と出会うこともできました。1.先生・スタッフの雰囲気が非常によい
◇病院の医局は医師・研修医・事務のデスクでワンフロアになっており、物理的に敷居がありません。
事務の方も目が合えば話しかけてきてくれますし、当初スケジュールにはなかった当直も、その日にオーベンの先生と話し合いOKをいただきました。

大変フレンドリーで、冗談も飛び交い、他の病院の医局で感じるような重々しさはありませんでした。
オーベンの先生に関しては、私がある疾患について1人で本を読んでいたら声を掛けてくれ、一緒に調べてくれて親切に教えてくれました。

どこにいても必ず誰かが話しかけてきてくれました。

2.施設面で感心した点
◇医局が医師・研修医・事務のデスクでワンフロアになっていたこと
◇同じ科の外来と病棟が同じフロアにあること
(循環器は2階、消化器は3階など。外来と病棟は自動ドアで仕切られている)

3.目標としたい先生との出会い
◇4年目(たぶん現役で卒業)にも関わらず一般病院の5、6年目の先生と変わらぬ態度・風貌
◇どんな急患がきても的確な指示を出し、看護師や研修医を動かしていること
◇特別な科に所属しているのではなく、純粋な救急医として所属していること
◇臨床経験を多く積んで得た教科書にはない知識
◇将来は医大の救急部に所属して教授になりたいという自信(冗談か分かりませんが)

この体験見学レポートの研修施設
札幌東徳洲会病院
札幌東徳洲会病院
〒065-0033
北海道札幌市東区北33条東14-3-1
TEL: 011-722-1110
FAX: 011-722-0378
  • レジナビで施設情報を見る

北海道・東北エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 半田市立半田病院
    愛知県

    半田市立半田病院

    投稿者:アピ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 市立加西病院

    兵庫県

    市立加西病院

    投稿者:0

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

  • 市立大町総合病院
    長野県

    市立大町総合病院

    投稿者:きゅん

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.