市立函館病院の見学体験記北海道

投稿日:2014年01月08日

投稿者:S

診療科救急救命科, 消化器内科(胃腸科・肝胆膵), 消化器外科

見学の病院を選んだきっかけ

北海道の観光都市である函館に立地している一番大きな病院を見学してみたかった。
また将来は北海道で研修をしたいと思っているので、北海道内の地方病院を実際に見てみたかったから。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

1日目
8:50 病院集合
9:00 消化器内科見学
12:00 昼食
13:00 救急外来見学

そのまま当直。
見学日の当直は主に1次の患者さんしか来られませんでした。
ただ普段は函館の基幹病院であるため重症なものも来るようです。
また、災害当番日など近隣の病院と連携して救急車の受け入れを割り振っているので、毎日忙しいというわけではないようです。

2日目
8:15 消化器外科手術見学
13:00 終了

病院の雰囲気

研修医の数は函館の中では1番多い。
仲間が多い分、研修医同士でのディスカッションが盛ん。
副院長先生とのお話が面白く、とてもフレンドリーに話しかけてくれた。
救急では、オーベンの先生によって研修医の指導が多少異なるらしく、ある先生は最初から最後まで付きっきりで教えてくれたり、ほかの先生では研修医がある程度のアセスメントするまで口は出さないようにするなど、徐々に成長できる環境にあると思う。
消化器内科は研修医同士で内視鏡の練習ができるなど手技に関しても初めのころから積極的に体験できると思う。
消化器外科は夏休み期間のこともあり、手術はヘルニアの手術しかなかった。
1年目研修医でも皮膚切開はさせてもらえる。
上級医の先生方は優しいが、術場に入ると厳しく教えていただけるので、メリハリよく研修できると思う。

病院のお勧めポイント

第一に函館で1番大きな病院であるため、救急は1次から3次近くまでみれるため、経験はかなりできると思う。
また先生方も仲が良く、職場関係はよさそう。
毎年初期研修医は函館のハーフマラソンを走らされるため、7月は仕事が終わってから研修医みんなでマラソンの練習をするなどいろいろなことができる。
そして何より函館の夜景をいつでも鑑賞できるのがいいところであると思う。

全体を通しての感想

見学を終わった後に函館市内を観光したのですが、本当においしい海鮮や食べ物が多く、立地としても楽しいところである。
また研修内容も上記に書いてある通り、いろいろな手技も練習でき、救急もたくさんの症例を体験できる。
研修医の主な出身地は北海道内の大学が多いのだが、弘前大学出身の先生もいらっしゃるのでいろいろな話ができて面白いと思う。
交通費も支給されて宿舎もあるので、見学するにはとてもよい環境であった。
とてもよい環境で研修できると思ったのが感想である。

この体験見学レポートの研修施設
函館
市立函館病院
〒041-8680
北海道函館市港町1-10-1
TEL: 0138-43-2000
FAX: 0138-43-4434

北海道・東北エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.