大崎市民病院の見学体験記宮城県

投稿日:2013年07月08日

投稿者:zacchi japan

見学の病院を選んだきっかけ

前年の冬に一度お世話になり、いい印象だったため(今回の訪問は春)
知り合いの先輩がいるため

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

1日目 脳外科
8:00 ICUにてカンファレンス
8:20 その後回診
9:00 検査見学
13:00 手術見学
17:00 見学終了

2日目 脳外科
8:00 ICUにてカンファレンス
8:20 その後回診
9:00 手術見学
13:00 手術見学
16:00 見学終了

病院の雰囲気

研修医の雰囲気がたいへんよかった。
病棟の雰囲気もよく、医師・看護師・コメディカル間の連携がよかったと思う。
宮城県の中では、研修に力を入れている病院で遅くまで働く研修医もいたようだ。
しかし、研修医同士の中は非常によく飲みに行ったり、一緒にランニングをするなど横のつながりも強い印象を受けました。
また研修医室と医局・研修医室と談話室が近いということもあり、指導医の先生もよく研修医室に出入りしているようだった。
初期研修のみならず後期研修としても、こちらの病院は開かれており、研修医の中にもここに残って後期研修を続けるという方もいた。
救急は力を入れているということでしたが、救急外来が少し狭くX線やCTに行くにも動線上に機器類や患者さんの待つ廊下を通るため動きづらい印象はあった(平成26年新病院開院予定)。

病院のお勧めポイント

脳外科見学だったので、手術室によくお世話になった。
とにかく、手術室の看護師さんやMEさんがとてもいい方たちだった。
なにかわからないことなどあると、声をかけていただいてすぐなじめそうな雰囲気であった。
見学日が月初めで、研修医も初めてのことがおおかったのですが、指導医が1から指導している姿が印象的でした。
たとえば経鼻胃管の挿入などに手こずっていても、本人にできるまで横で指導をしていた場面が印象的でした。
研修医は戦力だという雰囲気が伝わってきます。
手技なども多くできると研修医がおっしゃっていた。
先生方は東北大の先生が多かった。
初期研修修了後に東北大学病院(関連病院含む)や同大学大学院で研修される方が多いようです。
将来の進路に東北大を視野に入れている人にはオススメです。

全体を通しての感想

閉鎖的ではない。
研修医に対するサポートがしっかりしている。
症例も十分。
気張らずに研修できる。
見学科以外の先生ともきさくにお話しができる。
OnOffがはっきりしていた。
冬は寒い。
ほかの東北地域の病院と比べて(地域性もあると思うが)、とても開かれていて誰でも受け入れるという雰囲気はあった。
個性的な先生もいるが、お互い協調しあって皆がいい仕事ができるように配慮していた。
福利厚生面や人間性の面でもQOLの高い研修が期待できそうに感じた。

試験内容

研修は3つのプログラムがある。
面接と小論文。
8月上旬と下旬の2回。
複数の採用担当の先生とお話するが、特別なことは聞かれない。

宿舎について

元看護師寮という隣接の量の1室を貸してくれる。
暖房・エアコン、冷蔵庫、電子レンジ、電気ポットなどがあった。
病院の救急外来入口から歩いて1分の場所のため、救急見学では部屋で待機できる。

この体験見学レポートの研修施設
大崎市民病院
大崎市民病院
〒989-6183
宮城県大崎市古川千手寺町2-3-10
TEL: 0229-23-3311
FAX: 0229-23-5380
  • レジナビで施設情報を見る

北海道・東北エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.