仙台病院の見学体験記宮城県

投稿日:2014年08月25日

投稿者:2881

診療科腎臓内科

見学の病院を選んだきっかけ

大学のポリクリの実習で回りました。実習グループの中で2人まで受け入れ可能との事です。
実習先にはいくつかの候補があったのですが、立地や交通手段の有無を考慮して学生間の話し合いで
行き先を決めました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

09:00 医局集合、上層部の先生方に挨拶
09:30 後期研修の先生について病棟回診、処置見学
12:00 食道で昼ご飯
13:00 病棟業務、院内見学
15:00 解散

見学の注意点

交通手段は自転車、自家用車、地下鉄北仙台駅から徒歩、などが考えられる。
いずれにしてもそれほど悪い立地ではないが、駅からは少々遠いので自転車が最も効率的と思われました。

病院の雰囲気

病棟の立て替えが迫っているため、現在は古い設備で何とか持ちこたえているとの事です。
電子カルテを処理する能力がパソコンに備わっていない為か、なかなか指示出しに手間取っている
先生が多かったように思われました。
腎臓の患者さんが多いため、透析や腎生検が頻繁に行われている印象を受けました。
特に、腎生検は病院の規模があまり大きくないにも関わらず、全国トップクラスの施行数である
とおっしゃっていました。
腎臓内科が非常に有名であり、全国から多数の後期研修医が集まっており、自分の実習の際には
埼玉総合医療センターから勉強の為にこちらで研修している後期研修医がいらっしゃいました。
他にも多くの先生、あるいは患者さんが他県からいらっしゃっているようです。
自分は宮城県出身でもなく、仙台の病院事情に詳しくなかったので、これほど特徴があり、
全国的にも有名な病院があるという事は知りませんでした。
全国の腎臓内科医なら知らない人はいない、というレベルだそうです。

病院のお勧めポイント

IgA腎症の治療法である、ステロイドパルス+扁桃腺全摘、を考案、始めた先生が数年前までいらっしゃった
病院であり、特にIgA腎症に強いそうです。
また、腎生検では採取できる糸球体の数が10-20個と非常に少ないことが問題視されているとして、この病院では
全国でも非常に稀な、『開放腎生検』を行っていました。全身麻酔下で開腹し、腎生検を行うという手技です。
この場合、一度に多数の糸球体を採取できるので、診断の精度は非常に増すものと思われましたが、患者さんへの
侵襲を考えた際には問題点もまだある、とおっしゃっている先生もいらっしゃいました。

見学全体を通しての感想

全国でも非常に稀な、『開放腎生検』を行っている病院として、全国から腎臓内科医が集まってくる病院でした。
非常に特徴のある病院であり、腎臓について学ぶのであればもってこいの病院である事が分かりました。
また、院長先生が整形外科の先生であり、整形外科も強いようです。
初期研修医は3,4人と少なめですが、それ以上の先生方が非常に多彩で、全国各地からやってきている印象を
受けました。
自分が腎臓を専門とする事になったら、こちらの病院で手技を身につけるのも有りかもしれない、と思える病院でした。

この体験見学レポートの研修施設
仙台社
仙台病院
〒981-8501
宮城県仙台市青葉区堤町3-16-1
TEL:022-275-3111
FAX:022-234-4194

北海道・東北エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.