仙台市立病院の見学体験記宮城県

投稿日:2013年07月08日

投稿者:T2

見学の病院を選んだきっかけ

仙台市中心部にある市中病院。交通などのアクセスがよく、また疾患のバランスもいい。
仙台市救急ステーションのすぐ隣で、救急車搬送は市内で多い方。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

【糖尿病代謝内科】
08:50 総務課に尋ね、見学用ネームカードとロッカーの鍵を受け取る。
09:00 指導医が到着、病棟へ行き、入院患者さんの血糖簿を写す(ここでは回診せず)。
09:30 ICU、HCUへ行き、患者さんの容態確認、指示出し。
10:30 病棟に戻り、回診。
11:20 外来見学(患者さん2人分しか見学しなかった)。
12:00 指導医と一緒に昼食(洋食レストラン)。
13:00 他科診療。
14:00 ミニレクチャー
14:40 解散

病院の雰囲気

病院は1980年代に建てられたもので、非常に古く、歴史感を感じた。
それなりに設備も古いように思った。
また、震災で壊れたところは直されていなかった。
しかし、先生、看護師さんが非常に優しく、特に先生は何でも親切に説明してくださった。
また、入院患者さんもとても優しかった。
先生と患者さんが非常に良い関係だった。
入口のスタッフさんも通るたびに挨拶をしていただいた。
研修医でなく、指導医についた実習だったので、研修医と話はしていないが、一人で動いている様子だった。
戦力として扱われる雰囲気。

病院のお勧めポイント

◆ 先生、コメディカルスタッフ皆さん優しい。
◆ 患者さんも優しい。
◆ 2014年新築の病院(525床変わらず)に移転する予定。
  設備が更新されるし、非常にスペースの広く、雰囲気のいい病棟になりそう(設計図を見た感じ)。
◆ 現在の病院も、移転後も地下鉄駅の近く。交通も便利。
◆ 移転先の病院屋上には、ヘリポートもつく予定。
◆ 救急車は約5800台/年、仙台市内では多い方。

全体を通しての感想

「優しさ」が見学で一番受けたポイントだった。
上級医も、若い先生も、コメディカルも、患者さんも、皆さんやさしかった。
病棟自身と設備が古いことは気になるが、来年新築病院に移転するので、安心できる。
新病院では研修医棟まで予定されている。

見学した糖尿病代謝内科の影響かもしれないが、わりと忙しくない印象だった。
忙しくない生活、優しい指導医、便利なアクセスを求めている医学生には向いているかもしれない。
移転のこともあり、来年からはマッチ率が上がるだろう。

この体験見学レポートの研修施設
仙台市立病院
仙台市立病院
〒984-8501
宮城県仙台市若林区清水小路3-1
TEL: 022-266-7111
FAX: 022-211-8972
  • レジナビで施設情報を見る

北海道・東北エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 半田市立半田病院
    愛知県

    半田市立半田病院

    投稿者:アピ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 市立加西病院

    兵庫県

    市立加西病院

    投稿者:0

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

  • 市立大町総合病院
    長野県

    市立大町総合病院

    投稿者:きゅん

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.