仙台医療センターの見学体験記宮城県

投稿日:2013年08月14日

投稿者:ハレ

診療科小児科, 眼科

見学の病院を選んだきっかけ

眼科のポリクリと小児科のポリクリで行きました。
両方とも部活の先輩がいたことと立地の条件から選びました。
車を持っていない学生でも、JRの駅の目の前なので容易にアクセス可能でした。
また、ウイルスセンターがあることも選択した理由の一つです。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

【眼科】
≪外来見学≫
9:00-13:00まで外来を見学した。
外来は小児の眼疾患を扱っているため、小児の患者が多かった。
オーベンの先生の子供とその親に対する対応が素晴らしくて驚かされた。

≪手術見学≫
13:30-18:30まで手術を見学した。
白内障手術を二件、眼瞼下垂の手術を一件見学した。
どちらの手術においても手技を手伝う機会があって、執刀医の余裕を感じました。

【小児科】
≪朝回診≫
8:15集合で朝回診についていきました。
入院患者は学生にも優しく、学生の実習に慣れているようでした。

≪外来見学≫
一般的な感染症の検査、対応を見学させていただきました。

≪ルンバール見学≫
機材の準備や細かい説明を受ける機会があって、勉強になりました。

病院の雰囲気

立地条件が良く(宮城野原駅下車(仙台駅から乗車時間6分くらい)、徒歩約3分で到着。
車で行くことも許可されていた)、患者が多かった印象を受けました。
感染症には思ったより力を入れているらしく、遠方や違う県からも患者がやって来ていました。
研修医は忙しそうでしたが、それは科によって大きく違うらしく、部活の先輩は思ったよりも時間に余裕があって論文を読んでいました。
医局対抗のスポーツ大会なども存在し、医局同士の仲が良く、コンサルトの際にも気兼ねなく相談出来ているようでした。
眼科に関しては、小児眼科の権威の先生がいらっしゃって、後日の学会でも座長を務められるとのことでした。
小児科に関してはNICUが充実しており、超低出生体重児も扱っていました。
また、患者さんは東北地方ということで治療に積極的で、学生の診察や問診にも協力的だったのが好印象でした。

病院のお勧めポイント

ウイルスセンターが付設で存在していることから、研究にも力を入れている部分があり、論文発表や学会発表の機会があり、精力的にそのような活動を行っている研修医の方もいらっしゃいました。
立地条件が良く、休日には仙台市内へ簡単に遊びに行けるようでした。
東北大の教授がいらっしゃることもあり、東北大学病院とのつながりも強く、将来の進路の一つとして考えやすいように思われました。

全体を通しての感想

眼科は外来も手術も予定が多いようで、非常に忙しそうな印象を受けました。
現に僕の担当の先生も昼ご飯を食べる時間がなく、外来からそのまま手術へと向かっておられました。
小児科は女性スタッフが多く、小児やその保護者に対しての気配りがしっかりなされていたように思われます。
研修医の先生方は東北大以外からもいらっしゃっているようで、自分の予想よりもさまざまな方がいらっしゃいました。
立地が好条件のため人気があるようで、楽天の試合がある時は病院の屋上や高階層の病棟からは試合の様子が見えるそうです。(笑)
ウイルスセンターがあることも関係してアカデミックな先生もいらっしゃって、興味深い講義をお聞きする機会がありました。

宿舎について

東北大卒業生は大学在学時の宿舎をそのまま使う人もいらっしゃるそうです。
基本的には宿舎。

この体験見学レポートの研修施設
仙台医療センター
仙台医療センター
〒983-8520
宮城県仙台市宮城野区宮城野2-8-8
TEL: 022-293-1111
FAX: 022-291-8114
  • レジナビで施設情報を見る

北海道・東北エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 半田市立半田病院
    愛知県

    半田市立半田病院

    投稿者:アピ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 市立加西病院

    兵庫県

    市立加西病院

    投稿者:0

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

  • 市立大町総合病院
    長野県

    市立大町総合病院

    投稿者:きゅん

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.