倉敷中央病院の見学体験記岡山県

投稿日:2014年01月10日

投稿者:匿名希望

診療科小児科, 総合診療科(家庭医)

見学の病院を選んだきっかけ

倉敷中央病院は千床以上ある大病院で、commonから専門疾患まで非常に幅広く多大な症例数を扱うことで有名。
広く学べる環境の実際の様子を見学するために訪れた。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

夏季、春季におこなわれる2泊3日見学実習形式プログラムに参加した。


1日目:小児科
午前は見学者全員で人事課の方から病院の概要の説明や施設案内を受けた。
初期研修医の方がいらっしゃり、質疑応答もおこなわれた。
午後は小児科で、小児科病棟、NICU、GCUなど施設見学、先天性心疾患の術後管理、循環器カテーテル治療見学(手洗含む)をさせていただいた。


2日目:小児科
7:45-8:00まで抄読会、その後、NICUの様子を見学し、ちょうど新生児管理の必要なカイザーがあったため、準備から出生、新生児管理までを見学。
初期研修の先生とお話させていただき、一緒に昼食。
午後は病棟見学、小児科コースの説明を受けた後、小児循環器外来見学。
聴診や心電図読解を行わせていただいた。
小児救急の案内も受けた。


3日目:総合診療科(救急)
救急外来の案内、概要の説明を受け、午前午後ともにウォークインの外来の様子を見学した。

病院の雰囲気

倉敷中央病院は、院内施設が大きく、症例数もとても多い。
研修医も毎年30名とっており、仲間が多いのが特徴である。
研修医室の和気藹々とした雰囲気は大学の延長のようでもあり、研修医同期にちょっとしたことを話しやすい。
研修医の方の志望科もメジャーからマイナーまで多種多様であり、様々な考え方を持つ人が集まるため刺激的な環境である。
また、どの科を考えていても倉中ではカバーできると考えられる。
一方で、医師、研修医、コメディカル、事務など非常に多くの方が勤務されているため、研修医がいてもいなくても病院機能に影響はしない。
自分でどこまで積極的に学ぼうとするかで、得られる知識や技術が大きく変わると考えられる。
後期研修まで毎年2/3くらいが残るらしく、後期研修を見据えた研修に適している。

病院のお勧めポイント

小児であれば、循環器が有名で、先天性心疾患の大きな外科手術は岡山大で行い、手術前後の治療管理や、カテーテル治療などを倉中で行っており、内科系で小児循環器に興味がある人には強く勧められる。
他の疾患も、風邪や中耳炎から専門疾患まで幅広い。
小児科コースなど、専門科コースの研修医が若干優先されるため、科が決まっている場合は専門科コースに進むべきである。

全体を通しての感想

倉中は手技が少ない、後期研修や専門科を見越した学生を優先するという話があるが、実際は自分のやる気次第であると感じた。
救急外来は小児から高齢者まで本当に幅広い患者さんのファーストタッチを初期研修2年目の先生がじっくりと行い、それを上の先生がカバーしていた。
非常に忙しそうだったが、一人一人の患者さんをじっくり診る時間を取っているのが印象的だった。
同期が多いことも魅力であり、研修医室の雰囲気は本当に居心地がよく、互いに尊重し合っていることを感じた。
ゆっくりじっくり学び、技術を身に付けていける病院が倉中の良さだと考える。

この体験見学レポートの研修施設
倉中
倉敷中央病院
〒710-8602
岡山県倉敷市美和1-1-1
TEL:086-422-0210
FAX:086-421-3424
  • レジナビで施設情報を見る

中四国・九州・沖縄エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 半田市立半田病院
    愛知県

    半田市立半田病院

    投稿者:アピ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 市立加西病院

    兵庫県

    市立加西病院

    投稿者:0

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

  • 市立大町総合病院
    長野県

    市立大町総合病院

    投稿者:きゅん

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.