那覇市立病院の見学体験記沖縄県

投稿日:2013年07月05日

投稿者:KK540331

見学の病院を選んだきっかけ

那覇市立病院は県内でも救急の評判が高く、症例数を豊富に経験できるという話をよく耳にするため、以前から興味を持っており、春休みの機会を利用して見学しました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

1日のみの見学でした。
午前中に血液内科、午後からは夜9時まで救急科の見学をしました。
血液内科は上級医2名、レジデント1名、初期研修医1名という環境の中で、カルテ診と病棟回診に臨みました。
たまたま腰椎穿刺の処置もあったので、そちらも見学することができました。
午後からの救急科は、昼間から夕方にかけては患者さんが少なかったのですが、18時以降は子どもから大人まで次から次へと患者さんが来ていました。
見学するまでは知らなかったのですが、那覇市立病院は県内でも南部医療センター・小児医療センターに次ぐ小児診療の拠点らしく、その点については一般的な総合病院とは少し雰囲気が違いそうです。

病院の雰囲気

モノレールの駅に直結した病院で、那覇市内からのアクセスは抜群です。
沖縄県内には県立中部病院や南部医療センター・小児医療センターといった大きな病院はあるのですが、どちらもアクセスが悪い場所にあります。
そうした理由もあってか、観光客の患者さんが時々来ます。
特に夜間の救急外来は患者さんが途切れることなく来るため、月に5~6回の当直で随分と鍛えられることにはなりそうです。
救急外来での当直は、上級医の先生も隣の問診室で診察をしているので、コンサルトはしやすいと思います。
医局の雰囲気も研修医だけの部屋ではないため、全体的に上級医と研修医の風通しは良いように見えました。
見学に来た学生に対しても、興味を持って接してもらえたので、分からないことも質問しやすく、病院に対していい印象を持ちました。

病院のお勧めポイント

研修の内容はもちろん一番に大事ですが、病院がモノレールの駅に直結しているのは通勤を考えると魅力に思えます。
初期研修に何を求めるかは人それぞれですが、内科・外科・小児科の救急外来での経験が豊富であるため、最初の2年間で、ある程度は何でもできるという、度胸はつくと思います。

全体を通しての感想

初期研修医はここ数年、琉球大学の卒業生や、沖縄県出身者で固められていたので溶け込みづらい雰囲気があるのではないかと病院見学に行く前は心配していたのですが、そういうことは無いようです。
研修医同士は1年目を2年目が教える体質があり、いわゆる屋根瓦式の研修となっていました。
救急科が特に評判のいい病院ですが、小児科の症例数もかなり充実しています。
小児科志望の先生にもオススメできます。
当直回数は沖縄県にしては少なく、月平均5~6回なのですが、1回あたりの症例数が豊富なので、不足はありません。

この体験見学レポートの研修施設
那覇市立病院
那覇市立病院
〒902-8511
沖縄県那覇市古島2-31-1
TEL: 098-884-5111
FAX: 098-885-9596
  • レジナビで施設情報を見る

中四国・九州・沖縄エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.