那覇市立病院の見学体験記沖縄県

投稿日:2014年12月03日

投稿者:kidney

病院を選んだきっかけ

県立中部病院の流れを汲む、プライマリ・ケア、救急医療、総合内科の全てが揃い、充実した研修を期待できるから。

強い・おススメの科

■内科  ■呼吸器内科  ■腎臓内科
■脳神経外科  ■救命救急科
■小児科  ■産婦人科 

見学の注意点

見学は最大5日間を希望できるのですが、基本的に1つの診療科は半日での見学となります。
1回だけの見学では若干物足りないので、期間を空けて2回以上は見学に行くべきだと思います。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):5


建物はお世辞にも新しいとは言えないのですが、立地条件はモノレールの駅に直結しており、住みやすいエリアにあるため、学生からは好評です。
場所がら観光客も受診することがあるため、本土の患者さんとも関わり合いが持てます。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか:はい


研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):4


研修医は琉球大学の卒業生、あるいは沖縄県出身で本土の大学を卒業した人がほとんどです。
そのためか、沖縄県民らしい、親しみやすい雰囲気を身にまとった人が、研修医、指導医・上級医には揃っています。
医局では研修医だけの区切られたスペースは無いため、コンサルトしやすい反面、ゆっくりとくつろげず、これについては好みが分かれます。

病院のお勧めポイント

沖縄県内の病院は、どこも多かれ少なかれ県立中部病院の影響を受けています。
CTやMRIよりも問診とフィジカルを重視し、徹底的にグラム染色を繰り返します。
ここ数年の総合診療ブームで見直されつつある医療を勉強したい人にはうってつけの病院だと思います。
「マイルドな中部病院」という表現がピッタリです。

見学全体を通しての感想

見学では半日で1つの診療科を見ることになるので、断片的な感想しか持つことができませんでした。
そこで、5年生・6年生でそれぞれ1回ずつ見学をして、より多くの研修医や指導医の先生方と接する機会を意図的に作りました。
その結果、どの診療科もハズレがなく、病院としての一体感とスタッフの連携の良さを強く感じることができました。

試験内容

■面接
学生1:医師2(男性1、女性1)
当院の印象、志望動機、初期研修に何を求めるか、自己PR


■小論文
経歴、志望動機、愛読書、最近気になったニュース

この体験見学レポートの研修施設
那覇
那覇市立病院
〒902-8511
沖縄県那覇市古島2-31-1
TEL:098-884-5111
FAX:098-885-9596
  • レジナビで施設情報を見る

中四国・九州・沖縄エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.