近森病院の見学体験記高知県

投稿日:2014年02月19日

投稿者:おばQ

診療科救急救命科

見学の病院を選んだきっかけ

チーム医療が有名で、コメディカルの方々も聴診器を握って診察して、栄養士なら栄養学、介護士なら介護の視点から患者さんを診られるようにトレーニングされているという話を聞き、そういったチーム医療での医師の働きを診たいと思い見学することを決めました。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

チーム医療は病棟の方が見学し甲斐があると当日言われましたが、自分は救急志望ということで、朝から夕方まで一日救急を見学させていただきました。
集合してからすぐにカンファに参加し、そこでは研修医の先生がプレゼンをやっていました。
その後、研修医の先生に最近プレゼンした症例についての話を聞き、院長先生に挨拶に行きました。
そして、途中お昼を食べたり研修医室を見たりしながら、救急車で運ばれてくる患者さんの処置の見学を夕方までしていました。

病院の雰囲気

全体として、和気藹々として雰囲気でした。
コメディカルの方々が先生に冗談を言ったり、研修医の先生が上級医の先生に気軽にコンサルトしているようでした。
また、コメディカルの人数が同規模の病院の1.6~1.8倍もいるそうで、研修医にありがちな雑用業務をしなくていいと、研修医の先生がおっしゃっていました。
そのためなのか、研修医の先生が常に仕事に追われて自分の時間が作れないということがないので、勉強したり趣味に時間を費やしたりも十分できるそうです。
ちなみに当直は月に3回と少なめですが、1年目から内科と救急では外来患者の担当をするので、自由な時間で勉強をしないと厳しいのかもしれないと感じました。
研修医は1学年10人で、初期研修医だけの研修医室があるので、学年を問わず仲が良く、賑やかでありつつ、ガリ勉ほどではないですが、きちんと勉強しようぜ!的な雰囲気はあったように思います。

病院のお勧めポイント

プライベートもきちんと楽しみながら、勉強を頑張ろうという雰囲気が、初期研修をやる上でちょうどいいです。
1年目から外来を任せてもらい、責任もあるので、自分から勉強しようってなりますし、かといって当直が多すぎて疲弊することもなく、理想の初期研修のペースかなと感じました。
また、救急車年間約5000台、walk in 3万人と症例数も多いので、救急をしっかりやりたいという人にはおススメです。

全体を通しての感想

医師が125名もいる大病院でありつつ、上の先生との垣根が低く、上級医の先生も指導熱心なので、学べる雰囲気のある病院です。
その雰囲気のおかげからか、研修カリキュラムで自分が必要だと思えば2週間前からでも研修科を変更できるらしいです。
また、病棟も新しくキレイで、近々新しい診療棟やヘリポートもできるらしいので、患者数も増え、症例数も増えて行くと思います。
立地は高知の中では中心地にはありますが、やはり大都市ではないので、大きな商業施設も少ないですし、遊ぶ場所もあまりないらしいです。
ただ、自然豊かなので、マリンスポーツやアウトドアが好きな方には最高です。

試験内容

試験は、事前に準備できる小論文と面接です。
面接の内容も志望動機とかありきたりな内容らしく、採点基準は病院に入りたい熱意があるかどうかという噂。

宿舎について

決まった宿舎はなく、自分で借りる形。
研修医の先生はだいたい自転車で5~10分のところに住んでいるらしいです。

この体験見学レポートの研修施設
近森
近森病院
〒780-8522
高知県高知市大川筋一丁目1番16号
TEL:088-822-5231
FAX:088-872-3059
  • レジナビで施設情報を見る

中四国・九州・沖縄エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • 半田市立半田病院
    愛知県

    半田市立半田病院

    投稿者:アピ

  • 札幌東徳洲会病院
    北海道

    札幌東徳洲会病院

    投稿者:かみある

  • 市立加西病院

    兵庫県

    市立加西病院

    投稿者:0

  • 自治医科大学附属病院
    栃木県

    自治医科大学附属病院

    投稿者:ねじまき鳥

  • 市立大町総合病院
    長野県

    市立大町総合病院

    投稿者:きゅん

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.