千鳥橋病院の見学体験記福岡県

投稿日:2015年02月18日

投稿者:pirates

診療科内分泌・代謝科, 救急救命科

見学時の補助

■宿泊補助あり
近隣のホテルに宿泊させていただいた。


■交通費補助あり
病院規定による補助をいただいた。


■食事補助あり
職員食堂でごちそうになった。

見学の病院を選んだきっかけ

病院の立地がよく、民医連ならではの教育環境について見学したかったため。

見学当日のスケジュール(見学した診療科等)

<代謝科・救急部>
08:10 集合
08:30 全体朝礼
09:00 事務方による病院設備案内
09:30 研修医3年生について内科病棟見学
12:00 事務方と昼食
13:00 救急部見学
16:45 上級医と面談
17:00 終了

強い・おススメの科

■救急救命科
 

見学の注意点

学生が集中する時期の見学では、近隣の宿舎が取れず宿舎まで電車を使用しなければならない場合もあるため、事前に予約状況を確認しておくと良い。

病院・設備について

電子カルテの使用:あり
5段階評価(1=悪い・5=良い):4


外観は年季が入っているが、2013年にリニューアルされた東館はかなり綺麗だった。
旧館も内装がリフォームされており清潔感がある。
医院長が消化器内科出身であるため、内視鏡室は広く整備されていた。
近年消化器内科医が増えているそう。
食堂は小柄であるが、日替わりメニューも美味しくいただけた。

人間関係・雰囲気について

研修医と関われたか→はい


研修医同士(5段階評価):5
指導医・上級医との関係(5段階評価):5
コメディカルとの関係(5段階評価):5


研修医が3~4人と少人数であるため、皆仲が良いとのこと。
指導医が専属でつくなど、上級医との関係も密であるそうだ。
困った時はプライベートも含め相談できる存在であるという。
コメディカルとの関係は大変よく、院内ですれ違う方全員が挨拶をし合うという習慣が根付いているようだ。
研修医からも気兼ねなくコメディカルに質問できる関係である。

病院のお勧めポイント

少人数で手厚く教育を受けたい方にはお勧めである。
また、医院長、副医院長がそれぞれ消化器内科、循環器内科の専門である関係で、両診療科の設備は充実しているため、当該診療科についてバリバリ手技をこなしたい方には良い研修先であると思う。
ただし、外科系に関しては専門医が少なく症例も少ないことから、民医連グループの他病院での院外実習で補っているそうだ。

見学全体を通しての感想

とにかく事務担当の面倒見が大変よい。
見学に来た学生に対して、当日実習する診療科、医局、食堂にて顔写真入りのプロフィールボードを事前に掲示し、職員に面通しをして下さったため、現場でスムーズに受け入れていただけた。
研修医に対するフォローも充実しており、例えば研修医1年生に関してはプライベートも含め相談できる専属のメンター医師を割り振られ、月1回の事務方、上級医での会議が開催され、研修医が疲れていないか、無理なプログラムでないかなどの話し合いが持たれるという。
無理がある場合は変更調整も行なっているそうだ。
このように大変面倒見がよい環境であるが、逆にそういったことに甘えて怠けてしまう性格の方には難しい環境でもあると感じた。

試験内容

■面接
学生1:面接官3(院長、医長、看護師長)
志望動機、自己PR、民医連について、部活動、先輩はいるか など。

この体験見学レポートの研修施設
千鳥橋
千鳥橋病院
〒812-0044
福岡県福岡市博多区千代5-18-1
TEL:092-641-2761
FAX:092-651-3386
  • レジナビで施設情報を見る

中四国・九州・沖縄エリアへ

体験記募集中
病院情報のチェックポイント 病院見学のトリセツ
人気の体験記
  • りんくう総合医療センター
    大阪府

    りんくう総合医療センター

    投稿者:くまこ

  • 福岡青洲会病院
    福岡県

    福岡青洲会病院

    投稿者:ミュウ

  • 聖マリア病院
    福岡県

    聖マリア病院

    投稿者:HAHAHA

  • 今給黎総合病院
    鹿児島県

    今給黎総合病院

    投稿者:ハミルトン

  • 鹿児島県

    鹿児島医療センター

    投稿者:Mitt

ページのトップへ

Copyright © 2011 Medical Principle Co., ltd. All Rights Reserved.